主婦の私のクレジットカード比較ランキング〜

このサイトの【クレジットカード比較ランキング】は本サイト管理人の直美(41歳パート主婦)が自分が得する為に20人の女性の口コミ(クレジットカード比較について)をアンケートで集めてまとめて作りました。ドケチな私は、金利手数料は少なく、還元率は多くポイント・マイルをお得に貯めて得したいの。楽天市場・Amazon・ヤフーショッピング・イオンなどの買い物で損しない為の私自身の記録です。

 

楽天カード

 

イオンカード又はイオンカードセレクト

 

Yahoo! JAPANカード(ヤフージャパンカード)又YJカード(ワイジェイカード)

 

リクルートカード

 

JMBローソンPontaカードVisa(ポンタカード)

 

 

審査落ちが不安な人におススメのサイト

 

↓↓↓

 

ANAアメックスの申し込み|審査・口コミ・メリット全集!

クレジットカード比較の口コミ集【1人目〜10人目】

【1人目】クレジットカード比較の口コミ(専業主婦だからこそ持っておきたいクレジットカード)

クレジットカードを使うことで現金調達の手間が省ける


専業主婦である私は、お買い物のときの清算を楽にしたいと思い、クレジットカードを契約しました。
当たり前のことですが、お買い物をする時に現金で清算していると、事前にお金を財布に用意しておく必要があります。
一方、カード払いでショッピングをすれば、買い物前にATMでお金をおろす手間が省けますし、後で請求書を見るだけで、どれだけお買い物にお金を使ったかわかります。
こうした利点を考慮して、私はお買い物にカード払いを利用しようと考えたのでした。


専業主婦でも使えるクレジットカード


専業主婦が契約できるクレジットカードは、数が限られていますが、いくつか存在しています。
たとえば、百貨店が発行しているカードには、専業主婦でも契約できるものが多く、ショッピングに便利でお得な機能がついているのが特徴です。
そうしたカードには、年会費が無料のものが多く、気軽に契約することができます。
また、大手ショッピングサイトからも、専業主婦が申込めるカードが発行されています。
こちらもやはり、年会費が無料なものが多いのが嬉しいですね。


私が重視したカード選びのポイント


どんな物やサービスでも、よく比較し、慎重に検討してから選ぶことが重要です。
クレジットカードの場合も同様で、選び方次第で、よりお得に利用することができます。
私は、お買い物に利用することで、どれだけポイントがつくのか、ポイントの使い道にどのようなものがあるのか、といったことに重点をおいて、慎重にカード選びを行いました。
上記のポイントのほか、カードのデザインも重要ですね。
毎日使うものですから、デザインが可愛い方が、財布から出すときにウキウキします。


百貨店のクレジットカードを選びました


私が入念に比較、検討して選び出したクレジットカードは、百貨店が発行しているもので、年会費は永久無料、発行元の百貨店での割引サービスが受けられるというものです。
私は、そのカードを発行している百貨店で頻繁にお買い物をするので、得られる利点は大きいと感じました。
また、豊富に用意されたデザインの中から、自分の好きデザインを選べるようになっていたのも、私がこのカードを選んだ理由のひとつです。


クレジットカードを契約して大正解でした


クレジットカードを契約してからというもの、お買い物はとても楽になりました。
ATMで現金をおろす時間を短縮できるようになったのが、何より嬉しかったです。
また、カード発行元の百貨店で、ショッピング代をカード払いすることで得られる割引や、ポイントの利点は意外に大きいもので、買い物代の節約にもなって、毎日得した気分を実感しています。

 

 

【2人目】クレジットカード比較の口コミ(クレジットカードでお得な暮らし)

現金払いが当たり前は昔の話


以前は現金払いが当たり前で、クレジットカードで支払いをしている人はほとんどありませんでした。
実際カードが使える店は、大都会の百貨店など大きなお店だけで、近所のスーパーではクレジットカードの取り扱いがないという場合も多かったのです。
でも今では、コンビニでの数百円単位の買い物でも気軽にカードで支払えます。
実は私も先日コンビニ系のカードを作って早速使っていますが、結構ポイントがすぐに貯まるのでオススメです。


現金とカード安心なのは?


今も現金支払い派の両親が言うには、カードの支払いはセキュリティーが心配だそうです。
でも私に言わせると、現金を財布に入れている方が心配なのです。
というのも、もし財布を落とした場合に、クレジットカードであればすぐに信販会社に連絡をしてカードの使用を停止することができますが、現金の場合は、財布から盗られたら最後、それが誰のお金だったのかはわからなくなってしまうからです。
実際、海外の犯罪の多い国では多額の現金を持ち歩く人は少ないそうです。


ネットショッピングでも活躍


ネットでのショッピングの支払いも、カードが得意なジャンルです。
現金払いだと代引き手数料等が発生する場合がありますが、カードは支払手数料が無料です。
また、買い物することによって次回使えるポイントが加算されるカードもあります。
例えば、キャンペーン時にはポイント加算率が高くなるものがありますので、私はその時期を狙って、メモしておいた欲しいものをまとめ買いしています。


提携の多いカードもお得


ネットショッピングはあまりしないというかたは、実際にお買い物に行かれるお店で、お得になるカードを探されると良いですね。
通常の買い物でも、そのお店が発行したカードだと、他社のカード利用よりもポイント還元率が高くなったり、月に数日値引きになる日があったりします。
行きつけのお店に、そういったカードがあれば、ぜひ手に入れたいですね。
私も近所のスーパーでカードを作りましたが、週に1回ペースで5%引きセールをしているので、いつもその日を狙って買い物しています。
お値打ち品からさらに5%オフになるので、結構直接的にお得です。
毎回家計簿をつけながら、レシートの値引き金額を見てはにやにやしています。


ライフスタイルに合わせて


このように、よく自分が利用するお店や場面を考えてカードを比較してみると、現金払いをし続けることがいかにもったいないことかわかります。
そして、ご自分のライフスタイルにぴったり合ったカードを毎日のように利用していれば、お財布から小銭を出すわずらわしさも解消しつつ、いつの間にかポイントがたまっていてお小遣いになったなんて嬉しい出来事もあります。
それこそ、コンビニでのお買い物も長い目で見れば結構貯まります。
先日コンビニに行ったときに、ポイント残高をレジで確認したら1000円以上あったので、ポイントでランチが買えましたよ。

 

 

【3人目】クレジットカード比較の口コミ(クレジットカードのメリットを比較)

クレジットカードの比較サイト


いまクレジットカードの種類はどのくらいあるのでしょうか。
新しくカードを作ろうと考えて、ふとそんな疑問が湧いてきました。
でも、日々ぞくぞくと誕生していくカードをすべて把握することはとても無理です。
クレジットカードの比較サイトなどでテーマに沿った人気のカードが紹介されているので、とりあえずそれを参考にしてみました。
すると、カードの使い方は人それぞれですが、年会費というコストの面から考えるのも大切だと気づきました。


年会費について


カードの年会費については無料のものと有料に分かれますが、無料の中には初年度だけが無料で翌年からは有料になったり、利用額などの条件付きで無料が継続したりするカードがあるということが分かりました。
また、年会費が有料の場合は、カードによってその金額に大きな差があります。
数百円程度のものから数万円まで幅があり、後者は高級志向のカードといわれているようですね。
年会費は毎年かかるコストなので、有料の場合はそれに見合ったメリットがあるのかを見極めることが大切だと思いました。


ポイントについて


クレジットカードを選ぶ際に、ポイントの貯めやすさを重視する人は多いと思います。
かくいう私も買い物の時に、財布に現金があったとしてもついカードを出してしまうのはポイントが増える楽しみがあるからです。
現金で払ってもカードで払っても支払額は同じ、それならカードを使ってポイントをもらった方がだんぜん得ですよね。
クレジットカードのポイント付与率は基本的に0.5%が多いのですが、カードによっては還元率が1%を軽く超えるものもありました。
ポイント重視派の私にとってその差は大きいです。
また、せっかく貯めたポイントが失効しないように有効期限のないカードを選ぶことにしました。


ネットショッピングに便利


いまは多くの人がネットショッピングを利用する時代ですよね。
クレジットカードもネットでの買い物に大きなメリットがあるものが魅力に感じます。
たとえば、通常の買い物には基本のポイント付与率が適用されますが、ネットショッピングでは倍以上の付与率となるカードが多いようです。
また会員専用のモールを設定し、そこを経由して買い物をするとさらにボーナスポイントが加算されるシステムを採用したカードがあることも知りました。


多機能カード


1枚に多くの機能が付いたカードも利便性が高いですよね。
交通系カードには、定期券やマイレージカードとクレジット機能が合体したものもありました。
カードの持つメリットは、使う人のニーズによっても大きく変わってくると思います。
私はポイントが貯めやすく多機能のカードを選ぶことにしました。

 

 

【4人目】クレジットカード比較の口コミ(クレジットカード作成の手間と比較)

カードの比較


クレジットカードと一概に言ってもその作成方法は各会社によって変わってきます。
ネットで個人情報を入力するだけで三日後には郵送されてくる会社もあれば、一か月以上かかる会社もあります。
そこでいくつかのクレジットカードの特徴を比較してみました。


初めてのクレジット作成


時代の変化とともにネットでの買い物も増えてきて、その都度支払いをするのが非常に手間に感じてクレジットを作成しようと思い、色々なクレジット会社の内容や機能を比較しました。
クレジットとしての機能はどこのカードも大差ないのですが、各企業の適用してくれるポイントや特典が異なります。
また申請時の審査が通りやすい会社、通りにくい会社と様々です。
ですが特にこだわりもなく、私は昔から良く利用していた会社のクレジットカードを作成する事にしたのです。
書類の準備や審査などの手続きを行い、必要書類を全て揃えて窓口で申請してから数週間してから信販会社からカードが郵送されてきました。
こちらはポイントが数倍になるなどの特典が付く提携先が多く、ネットショッピングが趣味の筆者には非常に便利でした。


カードの利用


意を決して手に入れたカード、それはもう暫くは調子に乗ってネットショッピングを楽しんでいました。
そのせいでオーバーコストになってしまうこともしばしば。
クレジットの特性ですが手軽に買い物ができる分、自制が出来ない筆者には後から少々高めの請求額が届きました。
現金で把握ができないので、ある程度金銭管理がしっかりはしっかりしなくてはなりません。


紛失時は冷静に


そんな風に調子に乗ってカードを使っていたある時、筆者はカードを紛失しました。
焦りまくりながら、急いで信販会社に連絡です。
丁寧なフォローのもとで、クレジットを停止することは直ぐにできました。
これで悪用される心配は無くなったので一安心です。
人は焦ると冷静さを無くすのだとしみじみ思いました。


新たなクレジットカード


カードを利用した生活に慣れてしまうと、カードなしの生活は非常に不便に感じます。
良く利用するショッピングサイトで使えるブランドが変わっていたため、今度はその会社でカードを作成してみようと思ったのです。
この会社はネットでの情報入力だけで数分後にはカード発行の連絡がきました。
以前と比較すると、個人的にはネットでの申請は楽に感じます。
それから、三日後くらいにはカードが手に入りました。
どちらも大変便利な事には変わりないです。
頻繁に買い物をする方を選んだ方がポイントなどの特典が付きやすいので、そこは各個人の状況に合わせて発行するといいでしょう。
作成する際に発行までの手順等をしっかり調べた方がよいでしょう。

 

 

【5人目】クレジットカード比較の口コミ(契約の際は細かいところまで検討しよう)

昔自分が選んでいた条件について


私は以前からクレジットカードを利用する際には、なるべく良い条件で利用したいとは思っていたのですが、細かいところまで確認をしないで契約してしまったために非常に後悔をしてしまったことがあります。
出来ることなら複数のカードをきちんと比較して決めていくのをおすすめします。
当時、私はクレジットカードを選ぶ際にはなるべく利息の安いカードを使いたいと思い、とにかく利息の安いカードのみを選び契約をしたことがありました。


初めは満足をしていました


カードを利用したいた当初は、キャッシングとショッピングともに利率が低いことに満足をして使っていたのですが、契約してから半年ほど経った時の請求書を見たときに支払い金額が大きくなっていることに気づきました。
初めは使用頻度が多くなりすぎたことが原因と思っていたのですが、ショッピングなどは支払回数が自分で決められる場合があるので納得できます。
そうは言っても、キャッシングにおいては使用する場合には支払いがリボ払いであったので、毎月の返済金額が大きくなるという事がどうしても納得がいきませんでした。


電話で問い合わせた結果


翌日も同様の請求内容が来たので、思い切って問い合わせセンターに電話で問い合わせることにしました。
その結果、返答として帰ってきたのが契約してから3ヶ月の間はショッピングとキャッシングの両方でキャンペーン金利というものが適用されるので、その間は返済金額が通常利息の場合に比べて小さくなるということでした。
流石に半年前のキャンペーンなど今更確認出来ないと感じた私でしたが、取りあえずは原因を突き止めることができ安心しました。


ネットで色々と調べました


それからカードの利率を調べて見るとその当時に持っているカードよりも低い利率にて利用できるものは結構有り思い切って別なカードに借り換える事ができないかと思い調べてみました。
その時に見てわかったのは当時持っていたカードは消費者金融系のカードだったのですが、銀行系のクレジットカードであればより低い利率で借り換えることができると分かりました。


銀行系のクレジットカードに借換えてみて


銀行系のクレジットカードに切り替えた際は、申し込みや審査自体はそれまでの申し込みと何ら変わらずに申し込むことができました。
2度目の申し込みは少し不安になってしまい、銀行の窓口で質問をしながら直接申し込みを書き提出しました。
利用するカードを決める際は、キャンペーンなどを比較対象とすることも重要ですが、利用が長期的になる場合はキャンペーン後のことも考えて慎重に選ぶことが重要です。

 

 

【6人目】クレジットカード比較の口コミ(あると便利なクレジットカードを選ぶ)

クレジットカード所有のメリット


日本はとても安全な国として知られていますが、それでも昨今はひったくりや詐欺などの犯罪が増え、その安全神話も崩れ去ろうとしています。
銀行で大金をおろした後に、跡をつけられ人気のない所で盗まれる事件も多発しています。
そんな中、大金を持ち歩くのは危険な行為です。
そこで買い物をする際のひとつの手段としてクレジットカードが挙げられます。
これは信用取引とされ、後から登録しておいた銀行から支払われるというものですので、大金を持ち歩かなくても支払いができるというメリットがあります。
一枚でも持っていると大変便利ですが、複数枚所有している人もいます。
ではどんなクレジットカードを選ぶと良いのでしょうか。
比較してみました。
カードを発行している会社は無数にありますが、それぞれサービス内容も大きく違います。


入会金・年会費について


まず第一重要項目としては入会金・年会費の有無です。
入会金・年会費、共に無料のカードもあれば、会員種別によっては年会費が数万円かかるカードもありました。
金額が大きければ大きい程、サポートも手厚いように思われます。


保険について


そして次に考えたのが、旅行保険です。
これは国内・海外両方に適用されるカードもありますし、その内容にも各カード会社、または会員種別によっても大きく異なります。
しかし、補償を受けるには旅行費用をそのクレジットカードで支払わなければいけないものもありますので注意が必要です。


還元率について


それから、ポイントの還元率も重要です。
各カード会社は顧客を獲得する為にメリットを提供してくれていますが、その内容も様々です。
旅行好きであれば、マイレージが貯まる、貯まったポイントは電子マネーなどに交換できるか、ポイントの還元率は高いか、など選ぶ基準はたくさんあります。
また、ポイントの有効期限の有無や期間も大変重要です。


選択


他にも家族会員があるものや、ロードサービスが受けられるもの、好きなキャラクターの柄のクレジットカードを持てるというカード会社も存在しました。
調べれば調べる程、たくさんのサービスが浮上し、迷うこともしばしばでしたが、私は旅行が趣味で海外にもよく出かけることから航空会社のものを選び、特に海外旅行傷害保険の手厚いものを選びました。
それには年会費無料にこだわらず、補償内容を調べてある程度のものを選びました。
人それぞれライフスタイルは違うと思います。
安易に選ぶのではなく、自分に合った一枚を探して便利にお得に使いこなすのが賢いと思いました。

 

 

【7人目】クレジットカード比較の口コミ(海外では盗難保険付きのクレジットカードを持つのが常識)

海外でのレストランでの出来事


私は仕事で海外出張する事が多く、ある時海外の裏路地にある店で食事を摂りクレジットカードを差し出すと、レジ係の店員はカードを持ったまま店の奥へ向おうとしました。
この様な事は、日本の正当なお店ではあり得ない事です。
何故客の目の前で清算をしないのかと尋ねたかったのですが、出張先の国の言葉は挨拶程度しか出来ないので、レジ係を呼び止める事が出来ずに、結局はレジ係りの良心を信じるしか無かったのです。


不安が的中してしまった


カードは私に返却されましたが不信感で一杯でしたが言葉が通じないのでどうしようも無いので、単純にカード読み取り機の置き場が無く、店の奥にあっただけであると信じ様とするには相当な努力が要りました。
そのまま警察に行けば何とかなったのかもしれませんが、顧客との打ち合わせがあったので打ち合わせ場所に向かいました。
仕事を終えてホテルで夕食を摂り食事の清算をクレジットカードを差し出すと、使用出来ない状態になっていたのです。
仕方なく現金でその場は凌ぎ何とかなりましたが、私にとってはショッキングな事件でした。
不安は的中してしまったので、警察に行き身振り手振りで警官を店のあった場所に引っ張って行くと、もう店は蛻の殻になっていたのです。


スキミング被害


日本に戻り同僚にこの件の事を話すと、今じゃ現金よりクレジットカードの方が狙われているのは常識であるという旨を聞かされました。
どうやら、私はスキミングという技法でカード情報をコピーされた様なのです。
私は直ぐにカード会社に連絡して事の顛末を話し使用履歴を調査して貰った所、日本円で2万円以内の金額で数回使われていた事が判明したのです。


巧妙な手口に自腹を切る事に


しかし、お金の使われ方が巧みで意図的に高額に達しない様に使われていて、被害を証明する事は出来ませんでした。
したがって、突然高額商品をカードで買った場合にカード会社から確認の電話が来る事もありませんでした。
私は泣く泣く、合計で日本円にして約5万円分の自腹を切らざるを得なかったのです。
そして現在使用しているカードを、停止扱いにして貰ったのは言うまでもありません。


盗難保険付きのクレジットカードへ変更がベスト


次の日先の同僚に昨日の出来事を話すと、彼も海外にいくので盗難保険付きのクレジットカードにしていると聞きました。
私はその様なものの存在を知らなかったので、使い自分にとって適切なカードを比較検討しようとインターネット上を探し回ると、年齢が25才以上で日本に籍があり、定職についていて継続して一定の収入があるなどの条件をクリアーする事が出来れば、最高で3000万円まで保障されるカードの会員になれるとありました。
私はそれらの条件を全て満たしていたので当該のカードに乗り換え、以前のカードは解約したのは言うまでもありません。
新しいクレジットカードは航空会社のマイルも貯まるので、早くこのカードにしなかった事が悔やまれます。

 

 

【8人目】クレジットカード比較の口コミ(日常生活用品でポイント還元率の高いクレカを)

クレジットカード機能


クレジットカードが世の中に出回るようになってから、随分と世の中も変化してきました。
流通系統から情報やショッピングの仕方まで、あらゆるものが変化を成し遂げています。
そんな中、クレジットカードも変化してきました。
まず、当時の頃はカードを作ると年会費を1200円ぐらいの支払いを毎月していましたが、現在では年会費が無料にできるお得な作り方もあります。
さらに、クレジット機能をプラスしたものもでき、より生活に密着できるような形になりました。
これがかなりお得感を増しています。


クレジットカードを選ぶには


カードを作るのならば、やはりお得でなければ作った甲斐がありません。
作る際には、やはりどこが良いのかと検討したいものでしょう。
自分も作る際には、インターネットを使用して、クレジットカードの比較サイトを活用しました。
このインターネットの比較サイトを利用することで、一目瞭然でわかるのです。
まずは、ポイントに置いたところが年会費でした。
わざわざ作って、買い物の度にきちんと支払っているのに、年会費を支払うのはなんだか損した気分になっていました。
ですが、それを打破しているのが、大型スーパーなどの提携型カードなのです。


機能性を重視


確かに、年会費が無料になり、クレジットを利用するというのはお財布にお金がないときにはとても便利です。
買うときに、お金が足らないから購入を諦めることなく、支払はカードで出来るからです。
この支払の際にも、ポイントがあります。
購入すれば、ポイントが貯まる機能があるということです。
今、電子マネーが注目され、おつりのやりとりもなく、しかも支払の際には時間もかからずに済むということで、需要も高まっています。
これのコラボがさらにお得感を増しているのです。


選ぶポイントをしっかりと


クレジットカードを選ぶのであれば、提携型と電子マネーへのポイントチャージができることが、生活をする上で重要になります。
大型スーパーでは、電子マネーを推進し、今多くの人が利用しています。
このカードと提携していることにより、他店でクレジットを利用した場合でも、ポイントが付くということと、それが電子マネーへと変換できるのです。
これは、かなり大きなポイントとなります。
カードを選びのならば、利便性の高いものを選ぶことです。


比較して納得


クレジットカードを作るポイントとしては、もう一つ高いのが有料道路で利用できるETCカードです。
高速道路は、ETCを導入して料金支払いのスムーズ化をしています。
さらに、ETCを利用することで、有料料金もかなりお得価格で使うことができるのです。
こういったところが選ぶ最大のポイントです。
ゆえに、今はこの大きな機能を最大限に利用して、お得に過ごしている自分がいます。

 

 

【9人目】クレジットカード比較の口コミ(ANAマイル・JALマイル・楽天ポイント・ときめきポイントをお得に貯める)

クレジットカードがあると


今の日本でクレジットカードは持たなければないで問題はありませんが、持てばとても便利で、インターネットショッピングをしたり、海外旅行へ行く人には必需品です。
実際私もなければないで欲しいと思っていませんでしたが、必要に迫られて持ってからは頼りすぎないように気をつけながら有効活用しています。


1枚目


初めてカードを作った時は大学生で、カードもいわゆる提携カードいう種類のものでした。
インターネット証券会社の入出金に使うキャッシュカードにくっついているものです。
種類も1つしかなく、初めてのカードでしたし、キャッシュカードとしての使用目的にしか使わないつもりで作りましたので、比較もなにもしないで申し込みました。
証券会社に口座開設出来ていますし、大学生と言ってもアルバイトもしていて毎月ある程度のお給料がありましたので問題なくカードの発行が出来ました。


2枚目


2枚目のカードもインターネット銀行の提携カードでした。
このカードを作るときもキャッシュカードの機能が必要で作りました。
1枚目と違うところは数種類ありましたので機能や使い勝手などで選ぶことが出来ました。
すでに1枚のカードを持っていたので重視する項目には困りませんでした。
選択ポイントは2つです1つ目はカード会社です。
同じ会社のものでは使用できる範囲が代わりませんので違う会社を選択しました。
特に海外旅行へ行くのが好きなので海外での利用可能範囲の大きなところがポイントです。
2つ目はポイントです。
利用料金に応じていろんなポイントが付きますが、自分自身が使いやすいポイントが付く物を選びました。
航空会社のマイルやネットショッピングサイトのポイントなどさまざまなポイントが点きますが、ポイントの貯まりやすさと使いやすさが重要です。
上記のようなポイントを併せ持ったカードを発行し今でも愛用しています。


3枚目


2枚目を作った時点でこれ以上クレジットカードは作らないと思っていましたが、携帯電話の機種変更をするときに携帯電話の会社で進められて作りました。
カードを作ると購入代金が割引になり、月々の代金に対して発生するポイントもアップすると進められて作りました。
ですが、このカードに関しては手持ちのもので満足していたのと使用範囲が重複していたので解約してしましました。


カードの使い方


私がカードを使用する場面はネットショッピングのときの決済、公共料金、海外旅行での決済と限られたところだけです。
海外に行くときは保険にもなりますし、海外のホテルではチェックインの時に求められることもあります。
このように自分自身の生活環境によって必要なカードの種類は枚数は違いますので色々なカードを比較して、実際に使ってみて自分に合ったものを持ち続けると良いと私は考えます。

 

【10人目】クレジットカード比較の口コミ(クレジットカードを比較して新しいものを作ったらお得になったよ)

お得に使えるよう考えるようになった


一人暮らしをしている時にはそこまででもなかったのですが、家族を持つようになってからはお金の使い方を考えるようになりました。
そして支払いを行う時にもポイントが貯まる事や値引きになる事を考えながら行うようになり、節約も心掛けるようにもなったのです。
お店ごとに特売品があったり、クレジットカードで支払いをしても自社のポイントカードにも両方に貯まるお店やそうではないところがあるので、どのようなお店なのかも把握するようになりました。


主婦の雑誌も参考になった


そんな時に毎月読んでいる主婦向けの雑誌にクレジットカードを上手に使って、私以上にポイントを貯めて生活をしている人を見つけました。
上手にお店毎に使い方を変えていたりして、1年で10000ポイント以上も貯めている人がいたのです。
中には20000ポイント以上貯めている人もいて、この分で旅行やほしかったものを購入する事に使っていたので真似をしたいと思いました。


自分のほしいものをポイントで買いたい


私もクレジットカードを持っていたのですが、本当はもっとポイントが貯まりやすいものもあるのではと感じるようにもなったのです。
もしもっと貯まるようになれば、もしかしたら年間で10000ポイント以上獲得するのも夢ではないと感じましたし、私が我慢していた服や小物をそのポイントで購入する事ができるとも感じたのです。


比較をして色々分かった


そこでクレジットカードを比較し、どこの会社がポイントも貯まりやすいのか調べてみました。
あまり利用しないような会社のものよりも、よく買い物をするようなお店で出しているものを持つ事で通常でも2倍のポイントが貯まり、さらには5倍や10倍もポイント貯まるキャンペーンを定期的に行っている会社がある事も分かりました。
最近行っている大型のスーパーでは、リボ払いや分割にした時にも金利をサービスしてくれるキャンペーンを行っていましたし、その事を考えれば値段が大きいものも分割にしてお得に購入ができるとも思ったのです。


新しいカードでさらにお得に


比較をする事で今まで持っていたクレジットカードよりもポイントが貯まる会社のものが分かってきたので、新に新しいものを作る為に申し込みをしました。
審査を受けて無事通過したので、今はこちらのカードを利用しながらお得に買い物をしポイントも貯めています。
どこの会社もそこまで差がないものと思っていたのですが、利用する事が多いお店やキャンペーンを行っているかによっても変わる事が分かりました。
今も順調にポイントが貯まっているので、ある程度貯まったら商品券と交換をするつもりです。

クレジットカード比較の口コミ集【11人目〜20人目】

【11人目】クレジットカード比較の口コミ(年会費がかからないクレジットカードが多数あった)

昔のクレジットカードを使用


昔に勤めていたところはエステ関係の仕事だったので、自分でも試したりする時には無料ではなく半額の金額を支払わなければなりませんでした。
その施術によってはローンを組まなければいけないようなものもあり、自社で発行しているクレジットカードも作っていました。
その後エステ関係の仕事は辞めたのですが、その時に作ったカードは別に買い物をした時にも便利で使いやすかったのでそのまま今までも利用をしていたのです。


この時は気になっていなかった


あまり考えた事がそれまでなかったのですが、1年に1回年会費というものが取られていました。
いつも1500円近くの年会費がかかっていたのですが、それよりも買い物をした時のポイントが貯まっていたのであまり気になっていなかったのです。


もっと得なクレジットカードを発見


しかし何気なくTVのコマーシャルを見ていた時にクレジットカードのものが流れていて、「年会費無料」という事を言っていました。
あまり知識もなく使っていたので、他の会社のものにも年会費というのは同じようについているものだと思っていたので衝撃を受けました。
でも年会費を取らないという事はポイントも貯まりにくくつかいにくいのかな?
とも思い、インターネットで調べてみるとまったくそんな事がなかったのでさらにビックリしてしまったのです。


時間をかけて比較した


それまであまりクレジットカードについてじっくり考えた事のない私が、ネットなどを活用して比較をしました。
同じだと思っていたら会社によって同じものを購入してもポイントの貯まり方が違ったり、年会費がかからない会社も多数ある事を知ったのです。
正直ずっとエステで働いていた時に作ったものを利用していたので、これまで損をしてきたのかな・・・と感じるようにもなりました。


得な会社2社に絞り申し込み


今はエステ勤務もしていないですし解約をしたとしても何か支障がある訳ではないので、お得なクレジットカードに切り替えようと考えました。
じっくり比較をして自分がよく利用するお店なども考え、ほしい会社を2社に絞り込む事ができたのです。
このどちらも別々の良いところがあり年会費もかからなかったので、どちらも申し込みを行う事に決めました。
実際に申し込みを行ってどちらのクレジットカードも手にする事ができたので、今まで利用していたものはポイントを商品券に変えてから解約を行ったのです。
もっと早く年会費の事に気がついていればもっと前からお得に買い物ができたのだと後悔をしながらも、今回気がついてじっくり調べる事ができて良かったと思いました。

 

 

【12人目】クレジットカード比較の口コミ(私は人気のある高還元率のクレジットカードがほしい)

お得なものが知りたい


クレジットカードについての特集を読んでいる時に、今は何百社と会社がある事が書かれていました。
考えてみれば私は1枚持っているものの、そこまで会社があると思っていなかったのでびっくりしてしまったのです。
作る時にもたまたま行ったお店でキャンペーンを行っていて、普通のポイントカードを作るよりもポイントの貯まり方が良いという広告につられて作ってしまいました。
もちろん今でもお得に使えてはいるのですが、さらにもっとお得なものを作る事ができるのであれば知りたいとも思ったのです。


人気のある点なども知った


私が使ってもプラスになるような会社のもので、人気がある会社が知りたいとも思いました。
今はインターネットの中でもどのようなクレジットカードが人気なのかを紹介してくれていて、どこの会社が良いのかも載せてくれています。
そしてどのような点が人気あり、皆が作っているのかも教えてくれました。


蓄積で貯まるポイントに差が出る事も分かった


クレジットカードを作る時のポイントとしては、高還元率というのがポイントになる事が分かりました。
正直、どこも還元率は1%だと思っていたのですが、そんな事はなくその倍もある会社がある事も載っていました。
その時にはたかが1%の違いと感じていても、それが10年後などに蓄積していけば大きい差ができていく事も分かったのです。
私も少しでも高還元率のカードがほしいと思っていたので、さらにこのサイトを見て今のものから切り替えたいとも思いました。


自分なりに分析


そこでその比較ができるサイトに載っている最新のランキングがあり、1位から3位までのクレジットカードをさらに細かく分析してみました。
皆にとって1位の会社が得でももしかしたら3位の会社の方が自分にとっては得かもしれないので、しっかりと見極める事にしたのです。


申し込みもネットから簡単にできた


私が気に入ったクレジットカードの会社は年会費がかかる会社だったのですが、その還元率はやはり一番多く細かい少額の買い物でも得ができそうなところでした。
ここであれば今後のポイントの貯まり方にも差がでる事が自分なりのシミュレーションで分かったので、この会社に申し込みをする事に決めたのです。
実際に申し込みもネットからすぐに手続きをする事ができて、審査結果を待つだけでした。
審査も無事大丈夫だったので、今はカードも届き実際に利用をしています。
ネットの中で買い物をする事もあるのですが、この時にお得に使う事ができて助かっています。
しっかりと比較をするだけでポイントの貯まり方が違うので、気が付いて良かったです。

 

 

 

【13人目】クレジットカード比較の口コミ(カードは自然淘汰される)

平均約3枚所有


日本信販株式会社の調査によると、クレジットカードの保有者が一人あたり所有しているカードの枚数は約3枚だそうです。
わたし自身財布の中には、5〜6枚はあると思います。
クレジット機能だけが必要ということなら、一枚あれば十分なのに、複数枚所有しているのには理由があります。
それは共通ポイントカードやスーパー、店舗ごとに発行している会員カードにクレジット機能がついていることが多いので、いつのまにか増えてしまったのです。
おそらく複数枚所有している人の多くが、同じ理由ではないかと思います。


カードによって特徴がある


そこで改めて所有しているクレジットカードを並べて比較してみると、それぞれに特徴があることに気付かされます。
たとえば、あるカードはネット通販サイトを利用するとポイントが通常に比べて多いたり、また別のカードはポイントの有効期限がなかったり、さらにもう一つのカードは近所のスーパーで指定された日に利用すると、ポイントが付くだけでなく、5%が割り引かれたりと、カードによって様々な特徴や特典があります。
そのためにどのカードも重要ということになってきて、一枚に絞ることができません。


頻繁に使っているカードとは


そこで、優先順位をつけてみることにしました。
最も頻繁に使うカードはどれかというポイントで考えてみたとき、ある一枚のカードを非常に多く使っていることに気がつかされたのです。
ほとんど無意識に使っていたのですが、このカードの魅力はポイントの交換ができる最低金額が、他のカードよりも低く設定されていることでした。
他のカードではポイントが貯まっても、なかなか最低交換ポイントに達しないのに比べて、頻繁に使うそのカードは、額は少ないのですがすぐに交換できるために、自然と使っていたようです。


提携カードも魅力


また、もう一つ理由がありました。
それは提携カードで、お得に使えるお店が多かったということです。
メインはネット通販サイトなのですが、提携カードを使えば、他のお店でもお得な特典がたくさんついてくるのです。
一枚のカードでダブルでお得という感じですね。
しかし、ダブルでお得なことを初めから意識して所有していたわけではなく、気が付いてみたら、そういうことになっていたという感じですね。


自然淘汰


このようなことから、他のお店で普通にショッピングするときにでも、このカードを利用してポイントを集中的に貯めるようになりました。
特に公共料金や携帯電話の引き落としは毎月確実にポイントが貯まっていくので楽しみですね。
本来はもっと研究して比較するべきなのかもしれませんが、実生活の中で、自然にカードが淘汰されていくということもありかなと思います。

 

 

【14人目】クレジットカード比較の口コミ(便利すぎる航空マイルを貯めつつ電子マネーに交換する事も可能なクレジットカード)

なんとなく作った最初のクレジットカード


私は学生時代からインターネット上の通信販売やオークションサイトでの落札や出品等をする為に、クレジットカードを利用していました。
しかし、何処のカードが良いのか、あるいは自分にピッタリとしたものであるかという事等の考えは無く、単純にテレビコマーシャルで好みの芸能人が出演しているという理由だけで選択したのです。


航空チケットを現金で購入


しかし学校を卒業して社会人となり、日本の沖縄から北海道はもとより、海外でもあちらこちらの国々に出向いて商談や折衝をする商社に就職したので、飛行機に乗るという事は日常茶飯事でした。
入社したてのある時何時も同行する社員とは別の先輩社員と、とある海外の国に仕事に出張する際に、飛行場で搭乗手続きをしようと私はいつもの様に、窓口で現金を差し出しチケットを購入したのです。


クレジットカードでチケットを購入出来る事を知る


傍にいない先輩社員を探すと、先輩はクレジットカードを専用読み取り機にかざして、スマートにチケットを購入していました。
私は先輩社員にクレジットカードで飛行機のチケットを買う事が出来るというのは驚くべき事だと話すと、先輩社員は笑っている様な呆れている様ななんともいえない顔をしたのを今でも覚えています。


航空マイルの貯まるカードの存在を知る


私の顔を一瞥し君はクレジットカードは持っていないのかと聞くので、持っているけれども飛行場で使える様な代物では無い事を告げると、早めに航空マイルの貯まるカードに切り替えた方が良いと、その先輩社員からアドバイスされました。
私は何故ですかと尋ねると、我々の様な飛行機を年がら年中使っている職種では旅費は会社から当然支払われるけれども、結婚して子供が出来たりすると子供の養育費や生命保険等にお金がかかり、いくらあっても足りない様な状態になるので節約する意味からも利用しない手は無いというのです。
より突っ込んで先輩に聞くと、航空マイルを電子マネーに交換して奥さんはその電子マネーを使えるスーパーマーケットで食料品や日用品を購入する様にしているので随分と助かっているという事でした。


電子マネーに交換出来て航空マイルも貯まるクレジットカードに切り替え


私は航空マイルとクレジットカードは別世界のものであると考えていたけれども、大幅に考えを修正しなければと思い、出張が終わり帰宅すると早速インターネットで自分に最も適当なものを探そうとしましたが、膨大な数に上る事がわかり少々混乱してしまいました。
しかし、比較という文言を検索キーワードに追加して再検索をすると、様々なカテゴリーで比較出来る様になっているサイトが現れ、その中でマイルが貯まるというカテゴリーを見つたのです。
私はその中から電子マネーに使えてかつ、航空マイルが貯まるというカードを見つけ申し込みをしました。
もちろん、先日まで使用していたカードは解約しました。
次回の仕事で飛行機を利用する時が来るのが、今から楽しみでたまりません。

 

 

【15人目】クレジットカード比較の口コミ(海外旅行に行く時にお得なクレジットカードを比較してみた結果)

海外が好きで休みの日には行く


休みの日が続く日があると海外に行くくらいに好きで、その時にお得なプランを探して行きます。
日本にいる時には現実の世界にいるのでつい休みでも仕事の事を考えてしまったりもしてしまうのですが、海外に行くと現実の世界から気持ちが離れる事ができるので良いリフレッシュにもなっています。


クレジットカードならすぐに現地のお金を手にできる


実は今まで現金主義でクレジットカードを持っていなかったのですが、友達と海外に行った時に便利に利用をしていたのでほしいと思い始めました。
クレジットカードがない状態で海外に行く事には慣れていますが、例えばお金をすぐに着いた国のお金に交換したいと思っても、換金所が混んでいてとても待った事があったのです。
そのような時に友達は普通に海外の銀行ATMでお金を引き出していて、現地のお金をすぐに手にしていたので便利だなと思いました。


海外で得に使える会社を比較


現金主義を貫いてきましたが、やはりこれから便利な事を考えてクレジットカードを持つ事に決めました。
しかしどこの会社のものを持つか、どういったサービスが付いたものが得なのか分かりませんでした。
主には海外でメインに使いたかったので、海外で得に利用できる会社があればそこを選ぼうと思い比較をしてみる事にしたのです。


海外で得なカードを見つけた


まず思ったのが比較をしてみると様々な会社があり、ポイントが付き年会費が無料のものも多く自分で想像していたクレジットカードよりも便利そうなものが多数ある事を感じました。
中には公共料金の支払いに指定を行うとポイントを貯められるものもあり、ただコンビニ払いや口座払いをするよりも得なのでは?
とも感じたのです。
そして海外でもお得に利用できる会社をいくつか見つける事ができ、傷害保険などが付随しているようなカードも見つけたのです。
これなら海外行く時にも保険が付いているので安心感もあり、換金所に並ばなくても現地のATMで簡単にその国のお金を手にできるとも思ったのです。


実際に使ってみても便利だった


早速この会社のクレジットカードが気に行ったので、インターネットから申し込みをしてみました。
すべて手続きがどこかに行かなくてもそのままネットでできてしまうので楽でしたし、審査も通過し1週間くらいで手元にも届いたのです。
まずは公共料金をいつもコンビニ支払いにしていたので、カード払いへ変更してポイントを貯められるようにしました。
そして海外に行く時にも持ち歩き、現地のお金にする為にキャッシング機能を使って現地の通貨を引き出してみたのです。
いつもよりもすぐでき、お店などで足りない分を引き出す時も近くのATMからできたので楽でした。

 

 

【16人目】クレジットカード比較の口コミ(友達のおかげでクレジットカードを持ち今はお得に生活中)

友達の話を聞いて良いと感じた


友達と話をしていた時にクレジットカードの話になり、1枚は持っていた方が何かの時に役に立ちお得に買い物ができる話を聞きました。
それまでは普段からそこまでポイントカードなどにも執着心がなかった為ピンときていなかったのですが、友達が熱く語っていたのでなんだか気になってきました。
しかも1枚持っていると大人な感じがして、私もほしいと思ったのです。


自分にとってプラスになるものを比較


せっかく持つのであれば、本当にお得さを感じられるようなクレジットカードがほしいと思ってどれを持つか悩みました。
その中でも顧客から人気があるような会社のものであれば、きっと持ってからもお得に買い物ができるのではないか?
と思ったのです。
そこで詳しく比較をして、自分にとってもプラスになるような1枚を準備する事にしました。


ネットショッピングでお得に貯まる会社に


最近は何かあればすぐにネットで検索をして調べているので、今回も調べてみようと思いました。
見てみると人気がある順位をつけているサイトもあり、どの部分が人気あってどのように良いのか載せてくれていました。
特にこれからネットでのショッピングを楽しみたいと思っていたので、買い物をした時にポイントの付与率が高い会社が気になったのです。
その会社はよく名前も聞いた事があり、私の中でも信頼できる会社だったのでここに申し込みをしてみようかと思いました。


手続きも簡単


手続きも他に比べて簡単で自分の名前など情報を入力して、後はクレジットカードを待つだけでよかったのです。
普通であれば運転免許証なども必要なイメージがあったのですが、配達の方が本人確認を行ってくれてそこで本人と分かれば、これで他には何かしなくても確認が取れるという事でした。
煩わしい手続きなども一切なく持てて、今後もお買い物がお得になりそうだったのでカードが届くまで楽しみにしながら待ちました。


ポイントの貯まりもよく満足しながら利用している


まずメールで審査が通過した事がきて、その後に配達してくれた方に本人確認を受けてクレジットカードを無事に受け取る事ができたのです。
ネットでショッピングしたかったものを試しに買ってみたら、本当にポイントが3倍近くプラスになって貯まっていきビックリしました。
この他にはよく利用をするガソリンスタンドでもお得にポイントを貯める事ができたり、年会費などもかからないのでお得に使う事ができて幸せです。
友達の話を聞く事がなければこのように比較をしてお得なクレジットカードを持つ事はなかったと思うので、良い話を聞くことができて良かったとも思っています。

 

 

【17人目】クレジットカード比較の口コミ(すごく便利に利用できるクレジットカード)

ショッピングに欠かせないクレジットカード


いまや、ショッピングは近くのスーパーやコンビニだけでするものとはかぎりません。
インターネットの通販を利用する方も多くなり、日本国内だけでなく海外サイトなどで利用する方もいます。
その際、銀行振込や代引きなどが指定できることもありますが、それではかなり手間がかかってしまいます。
それよりも、クレジットカードを利用したほうが、ずっと手軽にショッピングを楽しむことができるでしょう。
国際ブランドが付いたものならば、国内だけでなく海外サイトでも利用が可能です。
ですが、自分が利用するとしたらどれを選べばいいのでしょう。
現在、多くの種類があるため、どれを選べばいいのか悩むところです。
それぞれにサービスに違いがあるのですから、自分が持つとしたならお得な1枚を選びたいと思います。
そこで、それぞれのサービスを比較してみました。


どこで利用できるのか


まず、私が気になったのは、どこで利用することができるのかということです。
どんなに良いサービスを提供していたとしても、自分が利用したいところで利用できなければ意味がありません。
自分が利用するであろう生活圏で利用できること、これが絶対条件になります。
その上で、それぞれ比較をしてもっともお得な1枚を探すことにしました。


ポイントの還元率


クレジットカードを選ぶ際、多くの方が気になるのがポイントの還元率でしょう。
私も、ポイントの還元率にかなり注目をして選びました。
ただ、特殊条件でポイントが倍になるなどのキャンペーンは、考えれば考えるほどどれがお得なのかがわからなくなります。
そこで、基本的なポイント還元率で比較をすることにしたのです。
ポイントの還元率の差は、使えば使うほど大きくなります。
どうせならポイントの還元率が高いほうが良いに決まっています。


付帯サービス


日本は安全な国だと言われてきましたが、今はそうとも言い切れません。
大金を持っているよりもクレジットカードを1枚持っていたほうが安全です。
しかし、それだけで安全とは限りません。
紛失した時のサポートや、ショッピング保険などが付いていればかなり安心です。
不正利用された時も、過去にさかのぼって補償してもらえますから安心して持ち歩くことができます。


私の1枚


そうやって比較して決めた1枚は、近くのスーパーで利用することができるクレジットカードです。
毎月2度割引価格でショッピングができますし、ショッピング保険や旅行保険まで付いています。
それで年会費も無料なのですから、かなりのすぐれものです。

 

 

【18人目】クレジットカード比較の口コミ(現金なしでショッピングができるクレジットカード)

スピーディーに支払いができるクレジットカード


支払いをしようとレジに並んでいたら、前の人が小銭を出そうとして時間がかかってイライラしたという経験をしたことはありませんか。
私は、スーパーのレジでよくそんな経験をします。
ところが、自分の順番になると、やはり溜まった小銭は出したくなるものです。
これではあまりスマートとは言えません。
その点、クレジットカードであれば、スピーディーに支払いを済ませることができます。
最近は、スーパーやコンビニでは、サインレスで支払いができますから、それこそピッとかざすだけで支払いができるのです。
ほんの数秒で支払いができてしまうなんて、とってもスマートです。
しかも、お金が足りない時でも慌てることはありません。


メインカード選び


さまざまなクレジットカードがありますから、自分のメインカードを選ぶのは大変です。
それぞれ自分で比較しながら吟味して選びたいと思います。
社会人のカード保有枚数は平均3枚ほどだといいますが、多く持っていれば持っているほど使う機会が分散してしまいます。
使う機会が分散してしまうと、それだけ貯まるポイントも分散してしまい、ポイントがなかなかたまらなくなってしまうでしょう。
なので、私はメインカードを決めて利用することにしました。


選ぶポイント


比較するポイントはいくつかあります。
やはりお得に利用したいですから、年会費は無料のものが良いですし、ポイント還元率はできるだけ高いほうが良いです。
ポイント還元率がいくら高くても、年会費が必要だとトータルで還元率が低くなってしまうこともあります。
そこで、年会費は無料でポイント還元率が良いものを選びました。


国際ブランド


クレジットカードを持つのなら、どこでも利用できるものが良いです。
国際ブランドが付いていれば、加盟店は無数にありますから、使えずに困るということはないでしょう。
海外旅行にも持って行きたいのならVISAやMaster、国内で使いたいのならJCBがお得だと思います。
もちろん、JCBも海外で使えるところは多いですが、ヨーロッパなどでは利用できるところがまだ少し少ないようです。


返済のしやすさ


基本的にクレジットカードは一括払いのほうが良いのですが、大きな買い物などをすれば一括払いで支払うのは無理です。
そこで、返済のしやすさでも比較してみました。
今利用しているメインカードは、返済額が自分で決められるので重宝しています。
毎月の支払額は低くおせえて、繰上げ返済を活用すれば早く返済ができますからトータルでお得です。
ポイントは貯まりやすいですし、支払いもスピーディー、返済も手軽なので満足しています。

 

 

【19人目】クレジットカード比較の口コミ(私の手持ちのクレジットカード)

趣味とともに多くなったクレジットカード


普段、ショッピングに利用するだけなら、メインカードで十分なのですが、付帯サービスなどのお得さを考えてクレジットカードに申込んでいるうちに手持ちの枚数が増えてしまいました。
一応、サービスを比較して選んだものなので、それぞれお得な特徴があり自分で納得して申し込んだものばかりです。
ただ、好奇心が旺盛なのか、多趣味なことが影響して、すでに8枚のクレジットカードを持っています。
これではちょっと持ち過ぎだと思っていますが、そのうちシェイプアップするつもりです。


多彩な付帯サービス


メインカード以外は、それぞれの付帯サービスが気に入って申し込みをしました。
観劇のためにチケットが取りやすいもの、ホテルに割引価格で宿泊できるもの、両替がお得にできるものなどなど、これはお得なのではないかと感じて申込んでいるうちに増えてしまったのです。
クレジットカード会社もよく考えているもので、これは使わなければ損だと思わせるようなサービスを提供しています。


使用頻度


ですが、これはお得だと思って申し込んだものでも、使っているうちに思ったより使わないことがわかってくることもあります。
あまり使っていないものであれば、持っていても無駄ですし、年会費が必要なものなら持っていれば持っているほど損をすることになるでしょう。
そこで、今年新年度が始まる前に3枚のカードを解約しました。
解約してもそれほど困っていないところを見ると、やはり不要なものだったのでしょう。


申込んだ後でも比較はできる


比較は申込む前にするものだと思われているかもしれませんが、使っているからこそ正しく比較できるということもあります。
私の場合は、使い始めてみて、それぞれのメリットやデメリットが良く見えてきました。
それに、会員になることで、どんなサービスが利用できるのかが良くわかるということもあります。
そのクレジットカードを持つメリットやデメリットが良くわかれば、それよりも良いものを持ちたいと思うのが人情です。
度々乗り換えるのはおすすめできませんが、理想の1枚を見つけるためにはそんな手間をかけることも必要でしょう。


クレジットカードの利用方法


現在、私は、いつもはメインカードを利用して、その他のものはお得に利用できる時だけ利用するようにしています。
メインカード以外は、常に比較をしてお得に利用できるものと交換しています。
最近は、新しいものが次々登場しているので悩むところです。
気が多すぎると思われるかもしれませんが、そんな利用方法もあって良いのではないでしょうか。

 

 

【20人目】クレジットカード比較の口コミ(クレジットカードは比較して申し込みを)

私は、昨年社会人になり、クレジットカードを申し込んで所有しました。

 

同じ時期に3種類のカードを申し込んで持つようになりました。
3種類を持つに至った経緯は、いろんな状況に応じて使い分けをしようと考えたからです。
日常の買い物以外の、ほとんどすべての支払いをカード払いで設定しました。

 

というのも、クレジットカードのもっとも大きな魅力として、利用金額に応じてポイントが付与される点があります。

 

毎月発生する費用、例えば電気代やガス代、水道代など、定例の支払いをしなければならないものは銀行引き落としからカード決済の方式に変更しました。

 

銀行引き落としなら、ただ支払って終わりですが、カード払いなら同じ支払をしてもポイントが付与されるので、これほど効率の良いことはありません。
定例の支払いに用いるカードは、いろんな業者のものを比較して選びました。

 

ポイントの付与率が業者によってまちまちでしたので、もっとも付与率が良いものをこの定例支払用カードに設定しました。
また、クレジットカードのもう一つの大きな魅力は、特典があることです。

 

特定のサービスを購入する際にその企業関連のカードを利用すると割引が受けられるなど、いろんな設定がされています。

 

私は、自家用車を所有し、定期的にガソリンを補充するのですが、ガソリンスタンドでは、石油関係の業者のカードで支払いをしています。
一定の割引が受けられるからです。

 

これからも、いろいろなシーンでカードを使い分けていくつもりです。